香港、大型開発計画で不透明な土地保有疑惑相次ぐ

2013/8/5付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

香港政府が進める1兆円を超す大型開発計画を巡り、計画担当の政府高官による不透明な土地保有の疑惑が相次いで浮上している。対象地域での家族らによる土地保有が、公私混同との批判を引き起こしている。計画推進への影響とともに、現政権へのさらなる信任低下につながる恐れがある。

この計画は香港政府が7月上旬に正式発表した「新界東北新発展区」。中長期の住宅供給不足を緩和するため、政府が香港北部の新界地区の土地を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]