/

米モジラ財団トップ、アイク氏が辞任

【シリコンバレー=小川義也】ブラウザー(閲覧ソフト)の「ファイヤーフォックス」を開発する米非営利組織のモジラ財団は3日、3月24日に最高経営責任者(CEO)に就任したばかりのブレンダン・アイク氏が辞任したと発表した。

過去に同性婚を巡るカリフォルニア州の住民投票で反対派を支持していたことが表面化。平等の権利と表現の自由を重んじる同財団のトップとしてふさわしくないとして、辞任を求める声が高まっていた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン