/

オバマ大統領、恒例のスピーチで爆笑誘う 接続障害を逆手に

【ワシントン=吉野直也】「2008年の私のスローガンは『イエス・ウィー・キャン』だったが、昨年は『コントロール・アルト・ディリート』だった」。オバマ米大統領は3日、ワシントン市内のホテルで開いた恒例のホワイトハウス記者会主催の夕食会でスピーチし、看板政策である医療保険制度改革法(オバマケア)を引き合いに爆笑を誘った。

この会合は例年、大統領のジョークを交えたスピーチに注目が集まる。オバマ氏は昨秋、オバマケアの保険加入のウェブサイトが接続障害になり、批判にさらされたのを逆手に取った。コンピューターが反応しなくなった際に押すキーである「コントロール・アルト・ディリート」が昨年の合言葉だったと冗談を飛ばした。

スピーチの最後にはビデオ映像が中断。オバマ氏が「だれか直せないか」と見渡すと、オバマケアの接続障害を担当し、近く退任するセベリウス厚生長官が登場。この日はモニターの不具合をすぐに直すという手の込みようで、会場は笑いと拍手に包まれた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン