/

フィリピン、北朝鮮に自制求める

【マニラ=佐竹実】フィリピン外務省は3日、北朝鮮が事実上のミサイル発射を予告したことを受け、発射計画の中止を強く求める声明を発表した。「弾道ミサイルの放棄を求める国連安全保障理事会の決議に従うべきだ」としている。

ミサイルの2段目はフィリピンの東方沖に落下するとされている。失敗に終わった4月の前回の実験では、比政府は民間航空機の飛行や漁船の航行を制限するなどの対応を取った。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン