/

アルジェリア、20年ぶり非常事態宣言解除へ 大統領表明

【ドバイ=太田順尚】アルジェリア国営通信によると、同国のブーテフリカ大統領は3日、約20年間発令されたままの非常事態宣言が「近く解除される」と述べた。同国では野党などが12日に大規模なデモを呼びかけており、エジプト情勢を受けた民主化余波が及ぶのを避ける狙いとみられる。

アルジェリア民族解放戦線(FLN)など与党2党の一部議員が2日、非常事態宣言の解除法案を議会に提出しており、大統領の発言はこれを受けたものとみられる。大統領は「禁止されていた抗議デモが、首都を除く全土で許可されるようになる」と述べた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン