/

メキシコ湾原油「490万バレルが流出」 米の科学者チーム試算

米政府から委託を受けた科学者チームは2日、米南部ルイジアナ州沖のメキシコ湾でBPが起こした事故での原油流出量は約490万バレルとする試算を発表した。ただ、このうちBPが約80万バレルを回収しているという。事故発生時から、7月15日に高性能のふたを設置することで基本的に原油流出を止めた際までの流出量を改めて算出した。

今回の試算は今までで最も正確と説明しており、誤差はプラスマイナス約10%としている。BPによる流出事故は米史上で最悪なだけでなく、世界的にみても有数な事故となっている。(ワシントン=御調昌邦)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン