/

マイクロソフト、ノキアの携帯事業買収 総額7000億円

【シリコンバレー=岡田信行】米マイクロソフト(MS)は2日、携帯電話機大手のノキア(フィンランド)から、主力の携帯電話事業を総額54億4千万ユーロ(約7140億円)で買収すると発表した。MSは独自開発したスマートフォン(スマホ)用OS(基本ソフト)「ウィンドウズフォン」の普及に力を入れている。ノキアからの事業買収でスマホ分野に注力し同分野で優位に立つグーグルやアップルを追撃する。

MSとノキアの発表によると、MSは現金37億9千万ユーロでノキアの全社売上高の約50%を占める携帯電話機事業を買収するほか、ノキアに特許使用料として16億5千万ユーロを支払う。ノキアが11月19日に開く株主総会で承認を得るなどしたうえで、2014年1~3月期の手続き完了を目指す。

MSはノキアから約3万2千人の従業員を受け入れ、ノキアのスマホブランド「ルミア」を残す見通し。ノキアは2011年に提携して以来、MSの協力メーカーで、今後はウィンドウズフォンの開発や販売を進める。

かつて世界一の携帯電話メーカーだったノキアはスマホで苦戦している。出遅れをMSとの提携で挽回しようとしてきたが、MSの基本ソフト(OS)を搭載したスマホ「ルミア」は着実に伸びているもののシェアは数%にとどまる。

携帯事業を売却した後は、子会社のノキア・ソリューションズ・アンド・ネットワークス(NSN)が展開する通信機器や、地図情報サービスが主体となる。ノキアは今年、独電機大手シーメンスからNSNの株式を買い取り完全子会社化した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン