/

台湾が中小・VB対象の証券市場新設

【台北=山下和成】台湾の証券店頭取引センターは3日、中小・ベンチャー企業向けの新たな証券取引市場「創櫃板」を同日付で開設したと発表した。台湾では4つ目の市場で、資本金が5000万台湾ドル(約1億7400万円)以下の企業が対象となる。医療やバイオテクノロジー関連など19社が登録済みで、年内に70~80社まで増やしたい考え。台湾はIT(情報技術)産業などの低迷に悩んでおり、新たな企業の育成を急いでいる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン