2018年7月19日(木)

北方領土「日本に主権」 米政府見解を正式表明
米政府高官、日米安保は適用外

2010/11/3付
保存
共有
印刷
その他

 【ワシントン=弟子丸幸子】クローリー米国務次官補は2日の記者会見で「米国は北方領土に対する日本の主権を認めている」と述べ、北方領土は日本の領土との米政府見解をオバマ政権として初めて正式表明した。一方、米国の日本防衛義務を定める日米安全保障条約に関しては「適用されない」と語り、北方領土は対象外との認識を示した。

 日米安保条約は第5条で条約の適用範囲を「日本国の施政の下にある領域」と規定している。クローリー氏は「現在は日本の施政下にないため、第5条は適用されない」と指摘した。

 米国は沖縄県の尖閣諸島について同条約の対象と明言している。日本が尖閣諸島を実効支配している点が判断の根拠となっている。

保存
共有
印刷
その他


[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報