/

この記事は会員限定です

米原発に「経済性」の壁 計画凍結・撤退相次ぐ

シェール革命などで採算厳しく

[有料会員限定]

【ニューヨーク=小川義也】米国で原子力発電所の新設計画の凍結や廃炉、事業者の撤退が相次いでいる。「シェール革命」で天然ガス価格が下落。老朽化や東京電力福島第1原発事故を受けた規制強化もあり、原発のコスト競争力が低下しているためだ。原発推進の方針を堅持するオバマ政権下で新設の動きもあるが「経済性」の壁は高い。日本の原発メーカーの戦略にも影響を与えそうだ。

米電力大手のデューク・エナジーは1日、フロ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り998文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン