/

「風立ちぬ」は受賞逃す 米アカデミー賞

【ロサンゼルス支局】映画界最高の栄誉である第86回米アカデミー賞の発表・授賞式が2日(日本時間3日)、ハリウッドのドルビー・シアターで始まった。長編アニメ賞はディズニーの「アナと雪の女王」(クリス・バック、ジェニファー・リー監督)が受賞。候補にあがっていた宮崎駿監督の「風立ちぬ」は受賞を逃した。

日本作品では、短編アニメ賞の候補だった森田修平監督の「九十九(つくも)」も受賞を逃した。同賞は「ミスター・ヒュブロット」が獲得した。

今年のアカデミー賞は近年まれにみる混戦もよう。アルフォンソ・キュアロン監督の「ゼロ・グラビティ」、デビッド・ラッセル監督の「アメリカン・ハッスル」がともに最多10部門でノミネート。スティーブ・マックィーン監督の「それでも夜は明ける」が9部門で候補にあがっており、主な賞を競っている。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン