/

この記事は会員限定です

中国大気汚染、「官民一体」お手盛りの規制

[有料会員限定]

【北京=多部田俊輔】中国で深刻な問題となっている大気汚染で政府への風当たりが強まってきた。自動車の排ガス規制の遅れなどが原因との見方が広まっている。環境を規制する政府側と国有石油大手など企業側は一皮めくれば一体の関係。市民の不満が高まる中で、習近平最高指導部の対応に注目が集まる。

「政治家は何をやっているんだ」。北京市の病院では呼吸系疾患の患者が行列を作り、インターネットでは政府への怒りの声が噴出...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1015文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン