2019年7月19日(金)

中国、国産プロペラ機の点検指示 トラブル続きの「新舟60」

2014/3/3付
保存
共有
印刷
その他

【大連=森安健】中国の民用航空局は国有航空機メーカー、中国航空工業集団(AVIC)傘下の西安飛機工業に対し、これまで納入した国産のプロペラ旅客機「新舟60(MA60)」の着陸装置を全面的に検査するよう指示した。2月25日、瀋陽(遼寧省)上空で計器の異常があり、2時間以上着陸できないトラブルが発生したためだ。

同機は50~60人乗りで短距離の旅客輸送に使う。国外にも十数カ国に80機以上納入している。民航局は6400回以上飛行しているMA60については飛行を停止し、詳細な点検を行うことを命じた。西安飛機はラオス、フィリピン、ジンバブエ、ボリビアに技術員を派遣し対応する。

格安航空会社(LCC)の奥凱航空が新舟60で運航した25日の天津発瀋陽行きの便は、着陸用の車輪を展開したことを示すコックピット内のランプが表示されなかった。地上から目視で車輪の状態を確認してもらい、ようやく着陸できた。

新舟60はトラブル続きで、2月4日にも河南省鄭州の空港で着陸後の滑走中に前輪がたたまれ、機体を滑走路にこすりつけた。2011年にはインドネシアで海に着水し25人以上が死亡した。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。