2019年1月17日(木)

ブラジル元大統領のイタマル・フランコ氏が死去

2011/7/3付
保存
共有
印刷
その他

ブラジル元大統領のイタマル・フランコ上院議員が2日、脳梗塞のためサンパウロ市内で死去した。81歳だった。所属政党が発表した。

1990年、コロル大統領の下で副大統領に就任。同大統領の不正蓄財疑惑による辞任に伴って92年に大統領に昇格し、94年末までの残り任期を務めた。94年にはカルドゾ財務相(後の大統領)を中心に、新通貨レアルの導入や米ドルとの連動を柱とする「レアル計画」を実行。超インフレの終息に道筋をつけた。

99年には出身州の知事として、連邦政府に対してモラトリアム(債務返済の猶予)を宣言。ブラジル通貨危機が広がるきっかけとなった。(サンパウロ支局)

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報