2019年2月20日(水)

ヨハネ・パウロ2世、年内にも聖人に 審査委が認定

2013/7/3付
保存
共有
印刷
その他

2代前のローマ法王、故ヨハネ・パウロ2世が年内にも聖人に列せられる見通しになった。ANSA通信などによるとローマ法王庁(バチカン)の審査委員会が2日、聖人の要件である2つ目の「奇跡」を認定。今後、現ローマ法王フランシスコの承認で正式に決まる。死後から約8年半での列聖は近代では異例の早さという。

カトリック教会の列聖はキリストの教えに忠実に生き、信徒の模範となる人物が対象。前の段階に「尊者」「福者」があり、2つの「奇跡」が認められると聖人に列せられる。今回ヨハネ・パウロ2世が認定を受けた「奇跡」の詳細は公表されていない。1つ目の奇跡は、元法王に祈りをささげた修道女がパーキンソン病から急速に回復したことが対象だった。

ローマ法王として人気が高かったヨハネ・パウロ2世は2005年の死去直後から早期の列聖を求める信徒が多かった。一方、聖職者による児童虐待への対応が不十分だったことなどから、異例の早さを疑問視する声もある。一部メディアは1963年に死去したヨハネ23世も同時に聖人に列せられる可能性があると報じている。

(ジュネーブ=原克彦)

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報