/

この記事は会員限定です

「タイ起点に東南ア投資を」 インラック首相、日本に期待

本社と会見

[有料会員限定]

【バンコク=高橋徹】タイのインラック首相は2日、バンコクで日本経済新聞と会見し、日本について「タイにとって最大の直接投資国であり、関係も良好」だとして、重視する姿勢を強調した。タイ政府は、生産性向上と産業高度化のため今後7年間で2兆2000億バーツ(約7兆円)を社会インフラに投資すると表明。高速鉄道などでも日本からの一層の投資・協力拡大に期待するとし「タイを東南アジアへの投資の入り口として活用して...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1062文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン