/

この記事は会員限定です

マカオ、カジノ景気に沸く 賭博業収入、8月は5割増

[有料会員限定]

マカオが「カジノ景気」で沸いている。カジノを中心とする賭博業収入は8月も前年同月比で57%増え、過去最高を更新。香港で上場するカジノ運営会社の収益も急拡大している。経済成長が続く中国本土からの客足が伸び、4月以降はマカオの人口(56万人弱)の5倍近い人が毎月訪れている。

マカオは米ラスベガスをしのぐ世界最大のカジノ都市。マカオ政府によると、8月の賭博業収入は247億6900万パタカ(約2380億円...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り433文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン