/

タブレット市場急拡大、パソコンの3分の2に迫る

1~3月世界出荷台数

【シリコンバレー=奥平和行】米アップルの「iPad(アイパッド)」などタブレット(多機能携帯端末)の市場が急拡大している。米調査会社IDCは1日、1~3月期の世界出荷台数が前年同期比2.4倍の4920万台に増えたと発表した。同じ時期のパソコンの出荷台数は約7600万台。タブレットはパソコンの3分の2に迫り、情報機器の新旧交代が加速している。

タブレットは2012年10~12月期との比較では約6%減少した。例年、1~3月期は年末商戦の反動で出荷台数が大きく減るが、今年は落ち込みが軽微だった。アップルの「iPad mini(ミニ)」など画面サイズが7~8型で持ち運びやすく、価格も手ごろな商品が増えて、需要を喚起した。

メーカー別の1~3月期のシェアはアップルが前年同期比で18.5ポイント落としたものの、39.6%を確保して首位を維持した。2位は韓国のサムスン電子で17.9%(6.6ポイント増)、3位は台湾のエイスースで5.5%(2.4ポイント増)だった。

サムスンは世界首位のスマートフォン(スマホ)の販売でブランド力を高め、タブレットの営業にも活用。エイスースは米グーグルと共同開発した7型の「ネクサス7」が好調だった。「サーフェス」を販売する米マイクロソフトは1~3月のタブレット出荷台数が90万台となり、シェアは1.8%だった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン