2019年2月16日(土)

シリア反体制派に新代表組織 「国民評議会」機能せず

2012/11/2付
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=共同】米国務省のベントレル報道部長は1日の記者会見で、カタールの首都ドーハで来週にもシリア反体制派による会合が開かれ、有力連合体である「国民評議会」に代わる新たな反体制派の代表組織が承認されるとの見通しを示した。

米政府はシリアのアサド政権の崩壊は時間の問題と強調してきた。しかし、国民評議会が機能せず、政権崩壊後の受け皿づくりが急務となっている。

新たな組織の指導者らは、シリアを国連の枠外で支援する有志国側との接触も終えているという。

内部の路線対立で分裂状態となっている国民評議会について、クリントン国務長官は10月31日、訪問先のクロアチアで「もはや反体制派のリーダーとは見なしていない」との考えを表明した。

ベントレル氏は反体制派について「戦略に基づき、より組織化、一体化する必要がある」と強調。国民評議会は、新組織の一部になる可能性があると述べた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報