/

この記事は会員限定です

民主化デモ後のバーレーン 進むか「和解対話」

海外とっておき ドバイ支局・中西俊裕

[有料会員限定]

中東ペルシャ湾岸のバーレーンで1日、非常事態宣言が解除された。オフショア金融市場を持つこの経済的な拠点で民主化デモが起きたのは2月中旬。人口で少数派だが王室を頂点に実権を握るイスラム教スンニ派に対し、多数を占めるシーア派が蜂起して発生した混乱は徐々に収束した。だが、3日には早くも治安部隊とシーア派の衝突が再発、国民和解のための対話が進むかどうかは予断を許さない。

バーレーンでは、王室・政府系施設、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1345文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン