2019年9月21日(土)

米大統領、自ら議会承認要求決める シリア攻撃先送り

2013/9/2付
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=中山真】オバマ大統領がシリアのアサド政権による化学兵器使用を断定しながら、軍事介入の事実上の先送りを発表するまでの経緯が1日、明らかになった。当初、議会承認は不要と判断し、8月31日にも軍事行動を想定していたが、発表の直前で大統領自らが議会承認を求めると方針転換。大統領の軍事介入への慎重姿勢が改めて浮き彫りになった。

複数の米メディアによると、軍事行動への議会承認を得ることが決まったのは発表前日の8月30日午後9時すぎ。午後7時から開いたホワイトハウスでのライス大統領補佐官(国家安全保障担当)ら少人数との会合で大統領が切り出した。オバマ氏はそれまでは議会承認は求めずに軍事行動に踏み切る方針に傾いていたという。

ライス氏らは議会承認で否決された場合を想定してオバマ氏の決断への反対論を相次いで表明。出席者の一人は英議会が軍事行動参加を否決したことを持ち出して反対したが、オバマ氏は「だからこそ議会承認を求めることが大事だ」と言い放ったという。2時間近い側近らの説得でもオバマ氏の方針は変わらなかった。

ホワイトハウス高官らによると、オバマ大統領は議会承認を求めることに関してだれにも相談しなかった。ただ、上院議員時代からの側近、マクドノー首席補佐官には会合に先立ってホワイトハウス内の庭園を散歩した際に方針転換を伝達。議会承認を求めることで反対論が強い世論の風向きが変わることへの期待感も示したという。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。