EU条約発効から20年、統合深化は道半ば 世論の支持後退

2013/11/1付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

欧州連合(EU)の創設を定めたマーストリヒト条約の発効から1日で20年がたった。加盟国は当時の12カ国から28カ国に増え、域内人口は5億人に達する。だが債務危機に見舞われたこともあり、統合の深化は道半ば。各国での政治の不安定化が潜在的なリスクになり始めている。

「悲観論者はギリシャがユーロから離脱すると予測していた」。EUの政策執行機関、欧州委員会のバローゾ委員長は最近、1年前を余裕を持って振り…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]