中国・胡主席、引退後に訪台検討 平和統一へ政治攻勢

2013/3/1付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中国の胡錦濤国家主席が引退後に台湾訪問を検討していることが1日明らかになった。台湾との平和統一に向け、政治攻勢をかける狙いだ。台湾政策を重視する習近平政権を支える姿勢を示し、影響力を維持したいとの思惑もありそうだ。

中国共産党筋によると、胡主席は、訪中した台湾元副総統の連戦・国民党名誉主席との2月26日の会談で、連氏が訪台を促したところ、引退後に訪台したいとの意向を示した。胡氏は5日開幕の全国人…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]