/

タイ、東北3県で非常事態を解除 首都などは継続

【バンコク=高橋徹】タイ政府は1日、全国7都県で発令中の非常事態宣言について、コンケン、ウドンタニ、ナコンラチャシマの3県で追加解除したと発表した。いずれもタクシン元首相の支持者が多い東北部の都市。首都バンコクと周辺3県は継続する。

非常事態宣言はタクシン派「反独裁民主統一戦線」(UDD)率いるデモ隊が国会議事堂に乱入した4月7日にバンコクと周辺5県に発令し、最終的に24都県まで拡大。7月7日に期限を延長し、治安情勢をみながら段階的に解除している。今月7日が次の期限だが、バンコクは爆発事件などが頻発しており、再延長の可能性が濃厚だ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン