タイ、東北3県で非常事態を解除 首都などは継続

2010/10/1付
保存
共有
印刷
その他

【バンコク=高橋徹】タイ政府は1日、全国7都県で発令中の非常事態宣言について、コンケン、ウドンタニ、ナコンラチャシマの3県で追加解除したと発表した。いずれもタクシン元首相の支持者が多い東北部の都市。首都バンコクと周辺3県は継続する。

非常事態宣言はタクシン派「反独裁民主統一戦線」(UDD)率いるデモ隊が国会議事堂に乱入した4月7日にバンコクと周辺5県に発令し、最終的に24都県まで拡大。7月7日に期限を延長し、治安情勢をみながら段階的に解除している。今月7日が次の期限だが、バンコクは爆発事件などが頻発しており、再延長の可能性が濃厚だ。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]