/

この記事は会員限定です

米産トウモロコシ、カビ毒汚染の懸念 予防措置で牛乳も検査

[有料会員限定]

【シカゴ=野毛洋子】半世紀ぶりの干ばつに見舞われた米国で、発がん性の高いカビ毒「アフラトキシン」によるトウモロコシ汚染の懸念が浮上している。主産地のアイオワ州は8月31日、トウモロコシを飼料とする乳牛の汚染を懸念し、予防措置として州内の酪農農家が生産する牛乳を検査する規制を導入した。

アイオワ州は同州産トウモロコシのサンプル検査も実施する。米国のトウモロコシの収穫は始まったばかりで、実際の汚染状況...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り208文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン