/

アップルがモトローラ「逆提訴」 スマートフォン特許

大手メーカー、訴訟合戦の様相

【シリコンバレー=岡田信行】米アップルは、高機能携帯電話(スマートフォン)「iPhone(アイフォーン)」関連の特許を米通信機器大手のモトローラによって侵害されたとして、米ウィスコンシン州西部地区連邦地裁に販売中止などを求めて提訴した。10月6日にはモトローラがアップルを特許侵害で提訴しており、急成長が続くスマートフォンを巡る大手間の特許係争が激化している。

10月29日付で提出された訴状によると、アップルは、自社が持つタッチ画面や複数の指で画面を感覚的に操作する技術の特許をモトローラが侵害していると主張。米グーグルの携帯用OS(基本ソフト)「アンドロイド」を搭載し、モトローラが開発・製造・販売した「ドロイド」などのスマートフォンの販売中止や損害賠償を求めている。

モトローラはアップルのiPhoneなどがモトローラの特許を侵害しているとして、10月に米国際貿易委員会(ITC)と米イリノイ州、米フロリダ州の各連邦地裁にそれぞれ提訴していた。

スマートフォンは先進国だけでなく、中国など新興国市場でも需要が急拡大。大手メーカー間の法廷での争いも激しくなっている。米マイクロソフトがモトローラを提訴したほか、アップルはグーグルのOS「アンドロイド」を採用した台湾の宏達国際電子(HTC)を提訴。アップルは最大手ノキア(フィンランド)とも訴訟合戦を繰り広げている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン