中台共同で開発ラッシュ 習近平政権の戦略占う島
中国総局 大越匡洋

(1/2ページ)
(1/2ページ)
(1/2ページ)
2012/7/5 14:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「列島改造」ならぬ「全島改造」――。福建省の平潭(へいたん)島は文字通り、島の全域で道路や橋、港湾などのインフラ工事が急ピッチで進んでいる。台湾北西部の新竹まで68カイリ(約126キロ)と台湾本島に最も近く、大陸と台湾を結ぶ「両岸の最前線」だ。進出に意欲をみせる台湾資本の背後には、中国の次期トップに立つことが確実な習近平国家副主席の影がちらつく。

平潭名物の強風で土ぼこりが舞う道を車で走ると、ひ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]