米コダック株、終値1ドル割れ 破産申請観測は否定

2011/10/1付
保存
共有
印刷
その他

米映像機器大手イーストマン・コダックの株価が30日の米株式市場で前日比54%安と急落した。企業再生を助言する米法律事務所と同社が契約したとの米メディア報道をきっかけに、破産法の適用を申請するのではとの観測が広がった。会社側は同日夕に否定声明を発表したが、緊迫した情勢が続いている。

コダック株の終値は前日比91セント安の78セント。1990年代後半には90ドルを超えたこともあったが、1ドルを割り込んだ。

米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)は同日、コダックが米連邦破産法の活用を含む企業再生の助言で実績がある米法律事務所ジョーンズ・デイと契約したと報道。米ニューヨーク・タイムズ電子版も関係者の話として、コダックが破産法適用の申請を検討していると伝えた。

コダックは声明で「当社が破産法の適用を申請する意思は全くない」と反論。保有特許の売却などを通じ再建を目指す戦略に変更はないことを強調した。

写真用フィルムで一時代を築いたコダックはデジタルカメラへの転換が遅れたほか、フィルムに代わる事業の柱と位置付けるプリンターも苦戦が続いている。業績低迷から今夏以降は経営不安説がたびたび浮上していた。

9月23日には金融機関との間で設定したクレジットライン(融資枠)から1億6000万ドル(約120億円)を引き出すと発表。これが「運転資金が不足しているのではないか」との観測につながり、26日の株式市場で株価が27%急落。米格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスは27日、コダックのすべての格付けを1段階引き下げると発表していた。

(ニューヨーク=小川義也)

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]