アサンジ容疑者、スノーデン氏を「英雄」と称賛

2013/7/1付
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=共同】内部告発サイト「ウィキリークス」創設者のジュリアン・アサンジ容疑者は6月30日放送の米ABCテレビの番組で、中央情報局(CIA)元職員のスノーデン容疑者を「英雄だ。世界や米国の人々に米政府が非合法の通信傍受活動をしていることを明らかにした」とたたえた上で、今後も情報の流出は続くと強調した。

バイデン米副大統領がエクアドル側にスノーデン氏の亡命申請を認めないよう求めたことに関しては「受け入れられない。亡命は国際的に認められた権利だ」と反発。米政府が同氏の旅券を失効させたことも強く批判した。

モスクワのシェレメチェボ空港のトランジット(乗り継ぎ)区域に滞在しているとされる同氏の現況については「言えることはほとんどない」と言及を避けた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]