カタール、評議会選挙を実施へ

2011/3/1付
保存
共有
印刷
その他

【カイロ=花房良祐】カタールのハマド・ビン・ジャシム首相は28日、近く諮問評議会選挙を実施するための準備を進めていることを明らかにした。AFP通信が伝えた。中東各国では民主化要求デモが頻発しており、カタールも交流サイト「フェイスブック」で3月16日にハマド首長の打倒を目指す抗議デモが呼びかけられている。首相は不満の沈静化のために民主化策を打ち出したもようだ。

ハマド・ビン・ジャシム首相は「カタールはハマド首長のもとで報道の自由化や憲法制定など多くの改革をなし遂げた」と成果を強調。「近い将来」に評議会選を実施する考えを示した。

カタールでは首長が政治に大きな権限を持ち、これまで諮問評議会は任命制だった。2003年に三権分立を定めた憲法を国民投票で採択。諮問評議会に立法権を持たせ、3分の2を有権者が選ぶことを決めたが、選挙は実施されていなかった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]