2019年6月19日(水)

イケア、太陽光パネルの販売開始 英国の一部店舗で

2013/10/1付
保存
共有
印刷
その他

家具販売世界最大手のイケア(スウェーデン)は30日、英国の一部店舗で住宅向け太陽光パネルの販売を始めた。10カ月以内に英国の全17店舗に広げる。同社によると、世界の流通大手が一般消費者向けに住宅用の太陽光パネルを販売するのは初めて。売れ行きなどをみて他国での販売も検討する。

標準プランは英国の郊外に多い2軒一体型の住宅での利用を想定し、出力3.36キロワットのシステムで付加価値税(VAT)を含め5700ポンド(約91万円)。節約できる電気代や売電での収入を投資利回りに換算すると年14%に相当し、約7年で購入費を回収できるという。

太陽光パネルは中国の民営エネルギー大手、漢能控股集団の製品を使う。漢能はパネル設置の支援やメンテナンスも手掛ける。イケアは中国企業との直接取引で低価格を実現したとしている。

同社は「顧客は持続可能な生活を求めている」といい、太陽光パネルの潜在需要は大きいと指摘。イケアは世界各地の店舗に50万枚以上の太陽光パネルを設置しているほか、自前の風力発電設備も持つなど再生可能エネルギーの利用に積極的なことで知られる。

(ジュネーブ=原克彦)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報