機運しぼむ「核なき世界」 突破口どこに G.エバンス氏と阿部信泰氏に聞く
創論

(1/2ページ)
2013/3/31 3:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他
 北朝鮮が今年2月、3度目の核実験を強行した。中東ではイランの核兵器開発疑惑が払拭されていない。核の脅威を減らすため、国際社会や日本は何ができるか。核不拡散の国際委員会のトップを務めたギャレス・エバンス元豪外相と、軍縮担当の国連事務次長などを歴任した阿部信泰氏に聞いた。(聞き手は、シドニー=柳迫勇人、編集委員 高坂哲郎)

■「北朝鮮の交渉復帰は可能」 ギャレス・エバンス元オーストラリア外相

――世界…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

核をめぐる世界の動きを読み解く

今週の「創論・時論」テーマはアベノミクス


電子版トップ



[PR]