経済の仕組み改めて勉強 GWにすらすら読める7冊

(1/5ページ)
2014/5/3付
共有
保存
印刷
その他

 「アベノミクスが話題になるので経済の仕組みを改めて勉強したいけれど、時間があまりない」。ある出版社の編集者の話では、こんな人が最近多いという。経済の仕組みを理解するのに役立つのが経済学。ゴールデンウイーク期間中、経済学の基本から応用まで素早くかつ幅広く学べる著書を紹介する。(最後にお薦めの7冊の一覧表)

■そもそも経済学の目的は何なのか

 まず、お薦めするのは『社会人のためのやりなおし経済学』。2011年に出版された『大学で履修する入門経済学が1日でつかめる本』(マトマ出版)を文庫にした本だ。

(左から)高校生からわかるマクロ・ミクロ経済学(河出書房新社)、社会人のためのやりなおし経済学(日経出版社)、この世で一番おもしろい統計学(ダイヤモンド社)
画像の拡大

(左から)高校生からわかるマクロ・ミクロ経済学(河出書房新社)、社会人のためのやりなおし経済学(日経出版社)、この世で一番おもしろい統計学(ダイヤモンド社)

 著者の木暮太一さんは、経済学者やエコノミストではないが、出版界では「経済入門書のカリスマ」としてよく知られた存在。小学生のとき、友人から算数の問題の解き方などを質問されると、「頼りにされる存在になりたい」との思いから、必死になって説明の仕方を考えたという。

 『今までで一番やさしい経済の教科書』『落ちこぼれでもわかるミクロ経済学の本』などの著書は全国の大学で教科書として採用されてきた。

 今回の本は、大学の経済学部で教えられているミクロ経済学とマクロ経済学の入門書だが、数ある入門書とは趣が異なる。

 「そもそも経済学の目的は何なのか」「一体、何の話をしようとしているのか」から説き起こし、経済学のキーワードは互いにどう関係しているのか、キーワードを頭に入れると何が分かるのかを、じっくりと説明している。

 通読すると、ミクロ経済学とマクロ経済学、短期と長期、価格調整と数量調整、完全競争市場と独占市場など経済学の基礎をなす考え方を理解し、標準的な経済理論の全体像をつかめるように工夫してある。

■高校の教科書用語でやさしく解説

 『高校生からわかるマクロ・ミクロ経済学』の著者は高校教諭。高校の「政治・経済」や「現代社会」の教科書に出てくる経済用語を使い、大学で学ぶ「経済学」とのつなぎ役と位置付けた。高校生だけでなく、大学生や社会人が読んでも、学べる点が多そうだ。

 国内総生産(GDP)=国内総所得(GDI)=国内総支出(GDE)という「三面等価理論」の説明から入るところは、通常の入門書と同じだが、この関係式が持つ意味を様々な角度から徹底的に掘り下げていく点に特徴がある。

 さらに、貿易収支と経常収支の仕組みを、かみ砕いて説明し、19世紀の経済学者、リカードの「比較優位論」を参考にしながら、日本の現状に触れた。「貿易赤字に転落」という表現は誤解を招きやすく、自由貿易は消費者の利益につながるという議論を繰り返し展開している。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 4ページ
  • 5ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

経済学アベノミクス

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 2:00
2:00
東北 10:46
2:00
関東 2:00
2:00
東京 23:00
19:28
信越 1:00
1:00
東海 22:00
21:45
北陸 19:26
18:47
関西 20:30
18:47
中国 10:50
10:30
四国 20:16
2:00
九州
沖縄
21:30
21:19

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報