経済発展と人の命 どちらが大事ですか?
現代日本を知るために(10)東工大講義録から

(1/5ページ)
2012/12/3 3:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

前回は日本の戦後の高度経済成長を取り上げました。高度経済成長には光と影がありました。影の部分で最大のものが「公害」でした。

「公害」という言葉は、その頃に定着しました。それまでは、汚染物質の放出など加害者が明確なものばかりでした。

ところが、汚染物質排出の出所がはっきりしなかったり、あるいは多数の関係者がいて多数の被害者が存在したり、というタイプの問題が頻発するようになり、これらを、「公害」と呼…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]