転機の米中関係、今後の展開は ジム・スタインバーグ氏と川島真氏に聞く
創論

(1/2ページ)
2012/7/1 3:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他
 米中関係を取り巻く空気が厳しさを増している。オバマ米政権の発足当時に流行した「米中G2論」は消滅。中国は軍備近代化を進め、これを警戒する米国は「アジア回帰」を宣言した。米中関係はどのような展開をたどるのか。かつて米国の対中政策を統括したジム・スタインバーグ前米国務副長官と、アジア政治外交に詳しい東京大学の川島真准教授に聞いた。

スタインバーグ氏「協力と疑心 相互理解を」

――21世紀の米中関係は…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日本の安保と米中関係に関する動きを深読み

関連キーワード

電子版トップ



[PR]