/

この記事は会員限定です

転機の米中関係、今後の展開は

ジム・スタインバーグ氏と川島真氏に聞く

創論

[有料会員限定]
 米中関係を取り巻く空気が厳しさを増している。オバマ米政権の発足当時に流行した「米中G2論」は消滅。中国は軍備近代化を進め、これを警戒する米国は「アジア回帰」を宣言した。米中関係はどのような展開をたどるのか。かつて米国の対中政策を統括したジム・スタインバーグ前米国務副長官と、アジア政治外交に詳しい東京大学の川島真准教授に聞いた。

スタインバーグ氏「協力と疑心 相互理解を」

――21世紀の米中関係は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3292文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン