今、改めて問い直す「平和」の意味
戦後世界のかたち(11) 東工大講義録から

(1/7ページ)
2014/4/28 3:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

安倍晋三政権が「集団的自衛権」を容認しようとしています。歴代内閣は「憲法9条の下では権利はあっても行使はできない」と判断してきただけに、大きな転換点となります。自衛隊の海外展開を巡っては、「国際貢献」を理由に1992年(平成4年)にカンボジアで参加した国連PKO(平和維持活動)が大きな節目となりました。今、平和憲法の根幹が揺れ動いているのです。

自衛隊の活動範囲はどこまでか

「集団的自衛権」は、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]