/

この記事は会員限定です

対中、日米調整を緊密に 人的ネットワークを再構築

日経・CSISバーチャル・シンクタンク提言

[有料会員限定]

日経・CSISバーチャル・シンクタンクが23日発表した2つの提言は、「日米同盟」と「エネルギー」という戦後の日本の繁栄を支えてきた政治・経済の基盤を取り上げ、改革の方向性を論じた。東アジアの安全保障環境が厳しさを増すなか、日米同盟の強化は文字通り日本の命綱となっている。福島第1原子力発電所の事故を契機に抜本的な見直しが進む電力事業についても、国力の安定・強化を図るという視点が欠かせない。

「アジアの世紀と日米の絆」の骨子■(1)平時から運用できる、省庁横断的な日米の調整メカニズムを構築する(2)日米地位協定の抜本的な運用改善を随時、求めていく(3)「策源地攻撃能力」は「拡大抑止力」との関連を踏まえ、慎重に議論する(4)同盟の基盤を支える日米間の人的ネットワークを再整備・強化する(5)中国の軍事的台頭には、日米が足並みを揃えて「静かに」備える(6)中国との重要な接触・交渉では、日米は相互に十分な説明責任を果たす

提言が求めた、日米それぞれが考慮すべきことの例
日本が考慮すべきことNSCの中に日米安保協力で中心的役割を果たす部門を設置する
主体的判断のもとで、自国の存立を脅かしかねない事態において緊密な関係にある国と行動するため集団的自衛権の行使を可能にする
自衛隊の中に米サイバー司令部に相当する部署を設け、平素から米側と連携を深める
策源地攻撃能力について米国との協議を並行させたうえで、国内でも議論と検討を進める
増強する中国の海軍力に対応するため、対潜哨戒能力をはじめ警戒監視能力を一層高め、米国との協議を加速させる
アジアでの大規模自然災害で米豪両国と緊密に連絡し、集団的自衛権の行使が想定される事態も含まれることを念頭に、中核的役割を果たせるように検討を進める

米国が考慮すべきこと抑止のための戦力移動に関して、同盟国に十分な情報を事前に提供する
尖閣諸島および周辺の日本の領域に関して、中国による日本の施政への挑戦に反対するメッセージを繰り返し公式に確認する
地域の安寧のため国際安全保障に積極的に参加しようとする日本を評価する
重要な同盟国に対して、自国からのエネルギー輸出を一層自由化する
国会議員、地方議員、政策スタッフ、議会職員の各層において日本との議会交流を積極的に進める。連邦議会では、議員の同盟国への訪問が容易になるようルールを見直す

日経・CSISバーチャル・シンクタンクがまとめた日米同盟体制に関する政策提言書「アジアの世紀と日米の絆」では、「日米同盟の重要性と国際安全保障に関する日本の役割についていま一度、議論を深めていく必要がある」との認識に立って、日米両国を取り巻く新たな安全保障環境に効率的に対応していくための包括的な道標を提示している。

◇            ◇

提言は第1期第1部会座長代行を務めた久保文明・東京大学教授と上級フェローの佐橋亮・神奈川...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1409文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン