2019年6月20日(木)

「マクロ経済学に革命」 伊藤隆敏・東大教授

2011/10/10付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

サージェント教授とシムズ教授の2人は1980年前後に同じ米ミネソタ大学に在籍していたとき、マクロ経済学に革命を起こしたといっていい。2人とも、企業や個人など民間部門の「期待」に焦点を当てて、政府や中央銀行が行動を変化させると、将来の経済に対する民間の「期待」がどう変化し、その結果として成長率や失業率がどう変わるかを調べる手法を開発した。

その点で2人の手法は…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報