株高が迫る成長戦略、政治は応えられるか 日比野隆司氏と高田創氏が議論
創論

(1/2ページ)
2012/12/9 3:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他
 11月の衆院解散以降、日本の株式相場が上昇している。日経平均株価は先週、9500円台を回復した。市場が政治に発しているシグナルは何か。マーケットの最前線で経営の指揮を執る大和証券グループ本社の日比野隆司社長と、金融市場の構造分析で定評のあるみずほ総合研究所の高田創チーフエコノミストが議論した。(文中敬称略)

■「安定成長への展望が必要」 日比野隆司・大和証券グループ本社社長

――野田佳彦首相が衆院…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

市場と政治めぐる動きを深読み

今週の「創論・時論」テーマは企業と中国


関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]