暴動・テロ… 日本人の危機意識は変わったか 喜多悦子氏と小島俊郎氏に聞く
創論

(1/2ページ)
2012/11/11 3:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他
 中国での反日デモや紛争地帯での国際テロなど、日本人が海外で危険にさらされる局面が増えつつある。多様化するリスクをいかに事前に回避し、危機に直面した場合はどう対処すべきか。危険地域での難民支援などの経験が豊富な日本赤十字九州国際看護大学の喜多悦子学長と、企業のリスク管理に詳しい日立製作所の小島俊郎リスク対策部長に聞いた。

■「善意と楽観は通じない」 喜多悦子・日本赤十字九州国際看護大学長

――9月の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

海外リスクを巡る動きを深読み

今週の「創論・時論」テーマは世界の中のニッポン


関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]