2018年11月18日(日)

「命をつなぐ非常食の研究」 新潟大学地域連携フードサイエンスセンターの門脇基二センター長
知の明日を築く

(1/2ページ)
2013/4/4 3:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ブランド米「コシヒカリ」の産地で食品加工企業が集積する新潟県。この地で食の研究拠点として機能するのが新潟大学地域連携フードサイエンスセンター(新潟市)だ。非常食の研究で国内外から注目を集めるセンターの取り組みについて門脇基二センター長に聞いた。

――発足のきっかけは。

「2003年に新潟大の農学部、歯学部、医学部、工学部、教育学部の5つの学部の研究者が連携して始まった。各学部の食に関心のある研究…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報