/

この記事は会員限定です

体のあらゆる組織に成長 万能細胞とは

[有料会員限定]

▽…神経や心臓など体のあらゆる組織に成長できる性質を持つ細胞。よく知られているのが京都大学の山中伸弥教授が開発したiPS細胞で、皮膚などの細胞に遺伝子を入れて作る。2006年にマウスで初めて作製に成功し、翌年には人の細胞でも作ったと発表した。この功績により山中教授は12年にノーベル生理学・医学賞に輝いた。iPS細胞以外には受精卵を壊して作る胚性幹細胞(ES細胞)がある。作り方の異なるSTAP細胞は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り307文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン