「仕組みの検証が不可欠」 岡野慶応大教授

2014/1/29付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

岡野栄之慶応義塾大学教授の話 クローン技術やiPS細胞に続く、細胞を初期化して多能性を持たせる技術として発展する可能性がある。遺伝子を導入せずに、血液の細胞を初期化した点が興味深い。

課題はいくつ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]