/

この記事は会員限定です

バイオ燃料の製造、簡単で効率的に 神戸大学やトヨタなど

[有料会員限定]

神戸大学はトヨタ自動車や京都大学、サントリーなどと共同で、草木からバイオ燃料のエタノールを作る実証試験を年度内に始める。一度に100リットル生産する試験装置を神戸大に設け、2020年ごろの実用化を目指す。

草木などに熱を加えるなどして液体にした後、遺伝子組み換え酵母を入れて発酵させるとエタノールができる。簡単な製造工程で、約9割の効率で液体からエタノー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り176文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン