/

この記事は会員限定です

STAP論文、ネイチャーが撤回 週内にも

理研、再現実験は継続

[有料会員限定]

英科学誌ネイチャーに掲載された理化学研究所の小保方晴子研究ユニットリーダーらによるSTAP細胞の論文が、週内にも撤回される見通しになった。論文を投稿した複数の共同執筆者が29日、明らかにした。理研は論文が撤回されてもSTAP細胞の存在を調べる再現実験は続ける方針だが、生物学の常識を覆すとされた「世紀の大発見」は発表から5カ月で白紙に戻ることになる。

ネイチャーは近く発刊する雑誌で、小保方氏ら全執筆...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り755文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン