新型ロケット「イプシロン」、発射19秒前に異常検知

2013/8/27付
保存
共有
印刷
その他

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は27日、新開発した小型ロケット「イプシロン」の打ち上げ中止について、発射の19秒前に機体の姿勢異常を検知し、カウントダウンを自動停止したと公表した。次回の打ち上げ日時は不明。詳しい原因について、午後4時から記者会見を開く。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]