/

この記事は会員限定です

出張女子の懐 芽吹く消費、どこまで育つ

Wの未来 やればできる

[有料会員限定]

ある日曜日の早朝、日本旅行に勤める木本絵美(25)は羽田空港から広島出張にたった。パンツスーツにヒールの低い靴。広島市内のホテルなど取引先9件を回り、会食を済ませて深夜にビジネスホテルに戻った。

3泊4日の出張で、1泊6400円のレディースプランの宿泊費や交通費、飲食代に友人へのお土産代と、締めて5万5千円ほどを使った。出張先は全国各地に及び、海外もある。

スーツや靴磨き

女性の社会進出は新たな消...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1019文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン