/

この記事は会員限定です

血糖で動く人工膵臓システム開発 東京医科歯科大

[有料会員限定]

東京医科歯科大学の三林浩二教授らは、血糖からエネルギーを得て動く人工膵臓(すいぞう)システムを開発した。酵素反応を利用し、必要に応じてインスリンを分泌する。電気で動かすデバイスより仕組みは単純で電池も要らない。糖尿病患者に応用するには5年以上かかる見通しだが、企業と協力して実用化を目指す。

膵臓は血糖値が高いときだけインスリンを分泌し、血糖を筋肉や肝臓などにため込む。インスリンを分泌できなくなる1...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り235文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン