/

この記事は会員限定です

知の明日を築く 「被災地研究、社会貢献に生かす」

早稲田大学の浅野茂隆招へい教授

[有料会員限定]

早稲田大学東日本大震災復興研究拠点は、特別な研究施設を持たないプロジェクト主導型の拠点だ。「病院船」という新たな企画を打ち立て、世界に医療で貢献するという浅野茂隆・招へい教授に復興支援と日本再生について聞いた。

――いまだ爪痕が残る被災地が研究対象だ。

「研究拠点というと、被災地を研究材料に使うのではないか、復興を目指す人たちの役に立っていないのではないかというクレームのようなものもある。ただ、待...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1077文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン