2018年12月14日(金)

原発の海水注入、実際は中断せず 東電「所長判断で継続」

2011/5/26付
保存
共有
印刷
その他

東京電力は26日、福島第1原子力発電所1号機への海水注入が東日本大震災翌日の3月12日に一時中断したとされた問題で、実際には注入は中断していなかったと発表した。東電本店は停止を指示していたが、同原発の吉田昌郎所長の判断で海水注入を継続した。

東電原子力・立地本部の担当者が24~25日に吉田所長に聞き取り調査して明らかになった。吉田所長は事故の拡大を防ぐためには原子炉の注水継続が何より重要と考え、所長判断で海水注入を続けていた。

海水注入について、根拠としていた原子力安全委員長の発言を訂正したばかり。政府と東電の情報発信、危機管理のあり方が問われる。

東電によると、原子炉に入れる真水が途絶えたため、3月12日午後7時4分に海水注入を開始。ただ首相官邸にいた東電の武黒一郎フェローが「官邸では海水注入について首相の了解が得られていない」と本店と同原発へ報告し、午後7時25分に本店の幹部と吉田所長らがテレビ会議で注水中断を決めた。ただ実際には中断せず、注水を続けていた。

武藤栄副社長は26日の記者会見で「(吉田所長の)原子炉を冷やすという判断は技術的には妥当だったが、報告が遅れたのは残念だった」と述べた。吉田所長の処分も「検討している」と表明した。

東電は1号機の炉心溶融の状況に変更はなく、今後の工程にも影響しないとしている。ただ注水継続が原子炉冷却に与えた影響については再度検証する。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報